美濃焼クールアイランドタイル
都市全体の反射率を高めれば、高温化は軽減される!現行のビル壁面は「都市温暖化」を促進しています。

都市温暖化は、都市部で異常に気温が高くなる現象であり、都市の大規模化と構造に起因しています。
その仕組みは、壁面に到達した太陽光がその吸収率に応じてビル躯体に侵入(蓄熱)するため、その反射率に応じる反射分は道路に向かいます。アスファルトの吸収率が95%と高いため、結局、都市に降り注ぐ太陽熱の多くはビル躯体と道路に蓄積されます。
現在の都市構造は「高性能太陽集熱器」になっていると言えます。
地球温暖化も人類の活動に起因する点で根本は同じですが、CO2濃度が増加してもCO2自体が発熱するわけではありません。
いずれにしても、気温上昇の熱源は太陽熱なのです。

タイル表面の昇温比較実験で顕著な効果が実証されました。

実際の建造物における屋外実験棟シミュレーションを実施。実証データを収集しました。
実験室のデータより、さらに実際の建造物における効果を実証するため日本一暑い町「多治見」に実験棟を設営し、各種データの収集と、その分析を行いました。その結果、日射による昇温抑止効果、冷房電力の低減効果などの好結果を得ることができました。

美濃焼クールアイランドタイル写真
直射光と反射光

美濃焼クールアイランドタイルの反射特性

クールアイランドタイルには特徴的なリブが設けられております。
通常は入射角と同じ角度で太陽光は反射されますが、反射率の高い釉薬とリブが、太陽光が過度に路面を加熱するヒートアイランド現象を軽減してくれるのです。
冷房消費電力を低減させる効果もあり、構造物の表面温度だけでなく、室温の昇温を抑制します。 様々な日照条件を研究し、開発されたこのリブ角度は、世界的な課題となっている地球温暖化の対策に対応しており、且つ、低コストで効果が高いため、注目を集めております。

クールアイランドタイルのロゴ
クールアイランドタイルの反射特性
美濃焼クールアイランドタイルが持つ7つの効果 都市温暖化抑制・省エネ、顧客メリット・地球温暖化抑制